中傷誹謗や風評被害に負けない対策会社の選び方

>

ネット被害に悩まされない為の対策を考える

被害にあわないための事前準備

対策業者というと、実際の被害に対して削除依頼などの対策を行っていると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、違うのです。
風評被害や誹謗中傷の対策業者というのは、被害にあわないよう事前対策を講じてくれる業者の事をいいます。

定期的にサイトを巡回してくれ、中傷などの悪質な書き込みなどがないかをチェックしてくれるというサービスが一般的かと思います。
これは、結構手間がかかる作業になるそうで、個人としてこの作業を行うのは技術と時間を考えても難しそうです。
そのような事もあり、企業などではとても重宝されると言えます。
では、個人や法人でも起こり得ますが、実際にそのような被害にあってしまった場合はどのような対策が出来るのでしょうか。

実際合ってしまった場合の相談窓口

実際に起きてしまった中傷などの書き込みに対して、対策業者が削除依頼などの行為を行うことは法律で禁止されています。
このような行為は弁護士の業務の範囲となり、これを犯していることを非弁行為と呼ばれるそうです。
ですので、実際の被害に対して完全解決を依頼したい場合には、弁護士さんに相談するのが一番の早道と言えそうです。
ただ、それ相応の金額がかかることも出てくるでしょう。

ご自身で対処しようとなった場合、相談窓口が設置されているのが法務局です。
謄本を取りに行くイメージくらいしかない法務局ですが、人権寝台の問題に関する相談が出来るようになっており、ネットでの誹謗中傷に対する被害の相談にも乗ってくれます。
ただし、あくまでも相談ベースになりますので、実際に作業をするのはご自身となります。
それでも、細かくアドバイスがもらえるので、ご自身で対処する場合や緊急を要しない場合は利用するとよいでしょう。


この記事をシェアする